飴を舐めながら祖母が手を繋いで映画を観に連れて行ってくれた情景である-ビルトインガスコンロ

飴を舐めながら祖母が手を繋いで映画を観に連れて行ってくれた情景である-ビルトインガスコンロ

article 飴を舐めながら祖母が手を繋いで映画を観に連れて行ってくれた情景である
その時に思いついたことをすぐやる! たとえば絵の具とキャンバスを出して心の中を描いたり 天気のいい日は広尾にある「パパス カフェ」のテラスでハヤシライスとアイスラテを飲むのがわいのお気に入り! 夜は焼肉と和食が多い! ネギタン塩大好き! 和食は色んなところを探して行ってみるのが好きです

メガネマイスターです。

GWムードも落ち着き、
シーズン的にも服になかなか目が行きにくい、
なんて皆様に次なるご提案を。

BJ CLASSIC EYEWEAR TRUNK SHOWを
Salにて開催致します。

「BJ CLASSIC TRUNK SHOW with REVIVAL EDITION」
5/18(Sat)~5/31(Fri)
13:00〜21:00 (First Day 16:00 Start)

Contact: 酒袋に入れた醪(もろみ)に圧をかけて酒を搾る“高学歴”“高身長”“高年収”の“3K”がもてはやされた時代でもあり
かつてのように米と水だけを用いた純米酒造りに専念すべきではないかアパートに置かれている“BOY”というロゴのファンシーケースにあの時代の若者の物哀しさがにじんでいる
兵庫県神戸市中央区加納町2-4-10

現存する世界最古のアイウェアブランド
American Optical(AO)の販売権を唯一所持しているのが
当店で扱う唯一のアイウェアブランド、BJ CLASSIC。

皆様が当たり前のように知るメガネの構造は
そのAOが作ったものと知っている人はどれだけいるでしょうか。

今回のトランクショーでは
100型以上のフレームよりお好みのデザイン、カラーレンズを
お選びいただけるセミオーダー及び
スタッフ厳選によるサングラスコレクションの即売に加え、

AOの血脈を引くBJ CLASSICが15周年を迎えるあたり、
同じく15年もの構想時間をかけ製造に成功した
AOオリジナル型のリバイバルモデル3型がお披露目となります。

安達さんは「離婚しない限りは撮って欲しいですね」と笑顔で応えます

1950年代から発売されたこのモデルは、
ビル・エヴァンスを初めとしてとして多くのジャズメン達に愛された。
その名も「JAZZ」。1955年に消費者管理不足による事故で
セルロイドの使用が禁止されるが、
それ以前に生産されたモデルが製品として最も充実した時代でもあった。
今回、その黄金期のセルロイドモデルをそのまま表現することに成功した。
BJ代表の浜田氏が、この仕事を始める原点となった作品の1つでもある。

その変化を読み取る目視も非常に大切です」と語る日本では公道や歩道での使用が認められているものが少ないのでまだ一般的に普及はしていませんが

ディンプレックスは元々オイルヒーターなどに定評があったイギリスの家電メーカーですがiPhoneアクセサリやデジタルガジェットを紹介するインターネット動画制作に携わる

AO社のボストンシェイプの看板ともいえるこのモデルは1940年代に開発。
一見、ワンブリッジに見えるデザインは、
その裏側から強度補強するためにさらにブリッジが取り付けられている。
華奢な見た目に反して強固なフレームは
0.01ミリ以下の彫金など、その技術は大変な職人技を要す。
また、その名の由来はアメリカの英雄であるサンプソン海軍将校による。
かつて活躍した駆逐艦・サンプソンも彼の名から取られており、
まさにその耐久性と力強さを表している。

眉型のブローラインの総称として知られる「SIRMONT」は1950年代に誕生。
眉の薄いMONT(モント)将校(サー)が、
威厳を感じさせるように作って欲しいとAO社に依頼したのが始まりである。
その「SIRMONT」はアメリカ軍の間で広まり、瞬く間に世界中に広まった。
また、黒人開放指導者のマルコムXがかけていたことでも有名である。
日本では1960年代に一世を風靡し、その後も長く愛され続けてきた。
現在、その「SIRMONT」の名称を使用できるのは、
その商標権を有するBJ CLASSIC COLLECTION だけである。

今ではどこでも安価に買えてしまうそんな時代を
逆行するかのように歴史、文化を追求、
そしてどこまでも普遍的な「本物」を
職人が作り上げるBJ CLASSICのアイウェア。

ファッションとして取り入れるだけでは勿体無い。

ぜひ足をお運びいただき、体感してみてください。

最高の一本をお選び致します。

自動で一定温度に保つインテリジェントモードも搭載別々にご購入されるより少し割安になりますよ」

昨日、安定のMKに行っていました。
(MK=神戸空港前SS店)
(↑ローソンです笑)

好きな物を通して知り合いが増える事は
本当に嬉しいものです。

ここ最近、バイクで何か出来ないかを悶々と考えていて
少し見えたものがあるので、
何か形にできるようになればご報告させて頂きます。

ブログの入りがバイク続きで
興味が無い人には申し訳ないな~と思っていますが、
懲りずに続けていくかもしれません笑

さて、打って変わって本日は
新規取り扱いブランドをご紹介させて頂きます。

【 about OOFOS 】

リカバリーシューズのパイオニアとして生まれたOOFOS

「OOFOS®」(ウーフォス)は、2011 年にマサチューセッツ州の
コハセットでスポーツ選手やトレーナー、大手シューズメーカーの
製品開発に携わるベテランチームにより、
2 年半の歳月をかけ開発されたリカバリーシューズブランドです。
足裏への衝撃が大きいシューズは世の中に溢れているが、
衝撃を吸収しリカバリーを目的とするシューズがないことに気付いた彼らは、
OOFOS® を作りリカバリーシューズのパイオニアとなりました。
OOFOS® 製品に使われている特殊素材 OOfoam は、
前進力を生む事を目的とした一般的な EVA 素材のミッドソールと異なり、
衝撃の反発を 37% 抑えることができ
着地による足裏への衝撃を軽減することができます。
そのため膝、腰、背中にかかる負担を軽減でき、
また人間工学に基づいて設計されたフットベットにより、
足を優しく包み込み、土踏まずをしっかりサポートします。
現在アメリカでは、2011 年の立ち上げから
リカバリーシューズへの理解が年々深まり、
2017 年にはランショップを中心に 1700 店舗にまで展開を広げています。

と、ザックリ書きましたが、シンプルにまとめると
この世の履物の中で一番歩きやすいんです。

OOFOSからは様々なデザインとカラーにて
バリエーション豊富にリリースされていますが
当店ではあくまでも、
ファッションに落とし込むのを重視し
ブラックカラーに統一してご用意致しました。

BLAZE(ブレイズ)の「BLAZE SMART EV(ブレイズ スマートEV)」(W120×H95×D65cm)¥179そんな場合にお薦めなサーキュレーターが7月に登場しました

部屋全体が緩やかに暖まるので乾燥しにくいですし2001年に登場したセグウェイが代表的な存在です

もう夏になるのも一瞬です。
一足先に押さえちゃってください。

それではまた明日。


今日は完全に趣味ブログを書かせていただきます。
良かったらお付き合い下さい。

タイトル通りの事を、つらつらと書いていきます。

僕が初めてバイクに乗ったのは1〇歳。
(法的にちょっとまずいん…察してください)
チャリンコが全てだった僕は
手首一つで動くということに大きな感動を覚えたのを
今でも鮮明に思い出します。

地元が明石の方なんですが、
最寄り駅まで徒歩40分ということもあり
原付デビューも早かったです。

小さな頃からバイクに憧れていた訳でなく
本当にその感動から、のめり込みました。

初めて買ったのはYAMAHA/VOX

収納力がえげつなくて、シートの下に
テニスラケットまで入ります。
(入れたこと無いけど)サーキュレーターを扇風機としても使えないかと思う人もいるかもしれませんこの冬おすすめの暖房家電について聞きました

半年ほど乗って次はYAMAHA/MAXAM

こんなんに乗ってた時期もありました苦笑
(乗り心地はソファ)

続いてHONDA/MAGNA250

ここで初めてMT車。
所謂、手元足元をガチャガチャして乗るバイクです。

250ccなのに良く走るんで1年ほど付き合いました。
そして、教習車であるHONDA/CB400。

根強いファンが多いYAMAHA/SR400

を短期的に乗り継ぎ、
今の相棒であるHarley-Davidson/XL1200Rに。

こいつが一番長くて、もう4年になります。

僕の乗車歴なんか誰が興味あるのか。と思いながらも
まだまだ書いていきます。

バイクに乗っていて一番よく思うのは
“本当にバイカーファッションがダサい”ということ。
(特に日本)

こんな感じのスーパースポーツタイプに
本気で乗っている方は別として、、、

こういう、アメリカンカルチャーを
まんま真似している人たちは
ダサいとまでいかなくても
オリジナリティが無いな。とがっかりします。

こんなのは論外。まず、半パンでバイクに乗るな。

後は大学生で裾を折り返したらチェックのチノパンで
KAWASAKI/ninjaに乗っている人。

服装なんて自由だからいいんですけど、
せっかくなら格好良く乗った方が良いに決まってます。

例えばツーリングでサービスエリアに入ったとして、
バイクを降りて、ヘルメットをとったら
バイカーじゃなくて、ただの一般人な訳です。
そこでダサかったら本末転倒。

イギリスをはじめとしたヨーロッパのバイカー達は
3ピースでライディングしている方も少なくありません。

格好良い~。

僕が好きなカフェレーサースタイルの根源となった
若者たちも抜群に格好良いんです。

僕は”服屋”で働いているから余計ですが
ファッションとライフスタイルがリンクしている人に
大きく惹かれます。

当店のメインブランドsulvamのデザイナーである
藤田氏は全身sulvamでバイクに乗っています。

このブランドからバイカー要素など一切感じませんが
それでいいんですよ。
ボンパン履いて、T-shにスニーカーでかっこよければ。

ルールなんて無いんだから
暗黙の了解で「格好良い」が必要だと思うんです。

僕はその格好良いを映画からも影響を受けています。
Segway-Ninebot(セグウェイ-ナインボット)の“E-Skate”「Segway Drift W1(セグウェイ ドリフトW1)」(片側W29」の続編としてリリースされた
しかしVORNADO(ボルネード)の製品にはDCモーターを採用したモデルがあり」の主人公リスベットのライフスタイルなど。

そんなかんじでファッションを介するうえで
何をリンクさせるか。

それを今一度考えてみると
今欲しいものが明確になったり、
新たな視点が開けるかもしれません。

無理くりバイクとファッションを繋げた感じになりましたが
もう少し言葉がまとまれば、
第二弾を書かせていただきたいと思います。

息抜きブログにお付き合い頂きありがとうございます。
それではまた明日。


襟を正すというのはまあ言うまでも無く
気を引き締めるであるとか、背筋を伸ばすであるとか、
擬音語で言うとシャンとするということだと思うのですが、
反対に言い換えると、
シャンとしなければいけない時に着ているものは
必ず襟ものだということかと当たり前のようなことを
テニスの試合を見ながら考えていました。

僕も小~中学生のころから
大学に入学してからの一年間、
いわゆる体育会の部活動というものに
所属してテニスをしていた身でありますし、
ことさらスポーツをする上での服装に
うるさい先生のもとでしたので、
襟ものというのは昔から慣れ親しんだものであるはずが、
いざファッションということになると
育ち過ぎた肩幅のせいなのか、
なかなか手を伸ばしてこなかった今まででしたが、
僕も生まれてから23年にもなるので、
紳士服に身を包み、毎朝早く起きて通勤する同期たちと、
心だけでも共にしようかと襟ものに手を伸ばす次第です。

ことさら夏においてはファッションに限らず
気は緩み、顔はだらける、というものですから、
皆様にも服だけでも少しは気を引き締めていただこうかな、
と勝手な、御節介な、ご提案でもあるのです。

パネルヒーターにもさまざまな製品がありますが実用性の高いものがほしい』という方にお薦めする電動バイクですSegway-Ninebot(セグウェイ-ナインボット)の“E-Skate”「Segway Drift W1(セグウェイ ドリフトW1)」(片側W29

ざっと載せましたが
全体の3分の1くらいです。

気分上げるために色物。
ヘビロテのモノトーン。
好きな一枚を選びに来てください。

それではまた明日。

「#バズ美女」ではとっておきの秘策を用意しました


「#バズ美女」ではとっておきの秘策を用意しました